印刷データについて

印刷物を製作する段階で原稿をデータ化、そしてデザイン、レイアウトといった作業が必要となります。

そこで、印刷物のデータ製作でいくつかのポイントをご紹介いたします。

 

印刷物にするための写真(jpg)や色などはCMYKに設定する。

印刷物のカラーはCMYKで再現します。

マイクロソフトオフィス関連(Word・Excel・PowerPointなど)のカラーはRGBで表現されています。

印刷物のデータを作成するには、CMYKでのデータ作りをオススメします。

マイクロソフトオフィス関連で作ったデータについては、PDFデータからCMYKに変換します。


★Illustrator、Photoshop、InDesignなどでデータ作成する場合は、CMYKで設定し作成してください。

★Word、Excel、PowerPointなどのデータはRGBでの作成となります。

PDFに変換後、弊社にてCMYKに変更します。

そのため、くすみなどが発生いたしますが色の再現色域が違うためとなります。

RGBカラーとは…光の三原色「R(赤)・G(緑)・B(青)」のことです。

CMYKカラーとは…色料の三原色「C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)」のことです。

 

出来上がりサイズから3mm余分が必要です。


IllustratorやInDesignなどのソフトを使ってデータ作成する場合はトンボ(トリムマーク)を設置することが出来ます。

トンボ(トリムマーク)を設置してデータ作成をすることで仕上げサイズのイメージをつかみやすくなります。

PDFデータのみの場合は、拡大して塗りたしまで広げる場合がございます。

トンボ(トリムマーク)とは?

印刷範囲や断裁ライン、加工の位置を示す目印です。

Word、Excel、PowerPointなどの実寸サイズで作成するデータは、PDFデータに変換後、製版作業の段階で拡大などをして調整します。

 

環境が変わっても、レイアウト崩れ、文字化けの発生を予防する

WindowsとMacでもソフトなどの互換性が高くはなってきましたが、作業するパソコンに入っているフォントで利用するのがほとんどだと思います。

基本的にパソコンによってプリインストールされているフォントには種類などに違いがあります。特にWindowsとMacの違いにはご注意ください。

個人的にインターネットから好みのフォントをダウンロードして使う場合もあると思います。

Aの環境で明朝で作成してPDFで見てもらったら、Bの環境でゴシックになっていた!ということも珍しくありません。

環境に左右されにくい、データを作成から保存することが重要になります。

 

印刷用のデータ作成後、データ入稿する場合の注意点

  • Illustratorの場合:文字にアウトラインを設定。
  • InDesignの場合:文字をアウトラインすることは可能だが、PDFを推奨。
  • Photoshopの場合:レイヤー統合をして、epsまたはpsdを推奨。
  • Word・Excel・PowerPointの場合:フォントを埋め込んだPDFデータ。

※1:KOBE-PRINT.COM(谷添写真工芸社)で使用しているフォントの場合は元データでも良い。
※2:Photoshopでは、eps形式では扱えない透明背景など使ってデータ作成した場合はpsd形式を採用してください。

 

印刷に適切なPDFの作成については、【印刷対応PDFの作成方法:谷添写真工芸社】をご覧ください。

 

デザイン・レイアウトなどデータ製作からご依頼ください!

印刷物のデータ製作から印刷、加工まで、ワンストップサービスにてご相談ください。

印刷物に関する経験豊富は担当営業マンがお客様をサポートします。

質問・疑問などで直接話しがしたいというお客様はご希望の日時に合わせて訪問させて頂きます。

訪問エリアについては神戸市全域・明石・芦屋・西宮・尼崎となります。それ以外の地域の方はご相談ください